詳しくはコチラをクリック!

機械保全とは

動画講義で学習する!モーターの基本無料講座
詳しくは画像をクリック!


モーターの基本無料講座

パンやお菓子などを生産している工場や、
化成製品、石油などを製造しているプラントは
万が一でも機械の破損や故障が発生して
しまうと、大きな損害をもたらし、会社の経営を
圧迫します。

それを未然に防ぐために工場やプラントの
設備は、普段から点検を行い、機械の不調を
把握しておけば、機械設備が正常な運転を
維持できるようになります。

これを機械保全といいます。

このサイトでは機械保全とは何か
について説明していきます。

機械保全の必要性

機械トラブルが発生してから修理、補修を
行うのと、定期的に点検を行い小さなトラブル
の内に修理、補修を行うのとでは
大きな違いがあります。

機械トラブルが発生してからだと、
原因の調査、原因への対策、必要な交換部品や
補修人員の確保という時間がかかり、
これを早急に用意しなければなりません。

早急に手を打たないと、本来その工場で
作られはずだった製品が製造できなくなり、
多額の損失がでてしまいます。

連鎖的に納品先等にも損害を与えてしまいます。

しかし、普段から機械の調子や部品劣化具合を
把握しておけば、大きな対策を施す必要が
少なくなり、比較的簡単な処置で機械の運転を
正常に保つことができます。

そういった背景もあり、機械保全という考えは
大変重要なことです。

どんな人が機械の保全を行っているのか?

機械保全は、専門の技術者が行うものですが
簡単な内容なら日ごろその設備を使用している
オペレーターにさせている会社もあります。

トレーニングを受け場数を踏んできた
機械保全技術者の人数は限られています
ので、毎日その機械を使用している
オペレーターにも保全業務を覚えてもらう

ことで日常的に保全ができ大きなトラブルが
防げるということです。

ですので、機械保全の仕事をする専門の
技術者は当然ですが、機械を扱う
オペレーターも機械保全の知識、スキルを
持っておいた方が有効です。

機械保全の勉強方法

機械保全の技術は一夕一朝で身につく
ものではありません。

何年かの実務経験だけではなく参考書など
文字からの知識の勉強も必要です。

参考書等もいくつか販売されているので
それを読んで勉強するのもいいですが
それでは、現在どれくらいの実力が
あるのかが自分で分かりませんし、

対外的にも示すこともできません。

企業側も基準がなとい評価・採用が難しい
ですし、ただ機械保全のスキルを身につける
命令をしても、何の目標も示せないなら
社員は何をしていいかわかりません。

そこで個人の機械保全のスキルを
確認する、証明する手段として
機械保全技能検定という
国家検定があります。

機械保全技能検定とは

日本プラントメンテナンス協会という団体が
実施している国家検定で、機械保全の関する
技能と知識レベルを第三者的に評価できます。

この検定のメリットは、個人の機械保全に
関するレベルがどの程度あるかを測れること、
機械保全に関わる人たちの全体的なレベルの
底上げができること、

それにより質の高い保全士の労働人口を
増やせることにあります。

この検定は、3つの作業区分と各作業区分毎に
1~特級までのレベル区分があります。
実務経験年数により受検できる等級が
異なりますが、

最初に受検できるのは実務経験0年から
受検できる3級からです。

機械保全技能検定はどうやって勉強すればいいのか?

勉強の方法としては2通りあります。
1つは過去問題集や解説書を自分で購入し
独学する方法です。

AMAZONで検索すると機械保全に関する
書籍はたくさんあるので、自分に合いそうな
問題集を探してみてください。

2つ目の方法はセミナーを利用することです。
日本技能教育開発センターJTEXという団体が、
全国の会場を拠点として実技試験対策セミナー
を開催しています。

座学では補えない実技を主体とした内容に
なっていて、参考書では学べないノウハウも
得られそうです。

まとめ

機械保全という考え方は工場設備を
正常運転していくのに必要不可欠であり
企業にとって非常に重要です。

機械保全の内容は軸受、油、歯車など
多岐にわたります。

習得のためにはそれらについての勉強は
もちろん大事ですが全ての仕事は
見習いからはじまります。

熟練者が仕事をするとき、そのチャンスを
逃さず近くで見て学ぶことも大事になります。

工場などの求人では機械保全技術者の
募集は多くあります。

機械とは切っても切れない社会で
機械保全の技術を身につけ重宝される
人間になってください。

技術アップのWEBサイト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です