詳しくはコチラをクリック!

機械保全技能士 電気系で必須のスキルと学習法

このページでは
電気関係の機械保全(修理)
ついて記載しています。

機械保全とは、工場などの
機械、設備をメンテナンスしたり
故障修理をしたりして安定稼働させる
ための仕事です。

新卒で、その仕事に就いた場合は
先輩の下で一歩ずつ仕事を覚えて
いくこともできるかもしれません。

転職や異動などで、この仕事に
就く場合は、独学での勉強も
必要に迫られることもあると思います。

機械保全技能士 電気系で必須のスキルと学習法

電気系の機械保全では、
電気系保全作業という資格試験があります。
(3級から特級まであります)

資格試験の勉強は、全体的に漏れなく
学習できるという利点があります。

そして、資格を取れば
対外的に自分の実力を証明する
こともできます。

ですが、この世界、いくらいい資格を
持っていても、漏れないぐらいの知識が
あってもダメで実務経験のみが、ものをいいます。

私は機械等の電気修理の仕事を
15年以上していますが、この資格はもっていません。

この資格の学習本は持っていて
見たことはあります。

確かに多くの分野のことが
書かれていて勉強にはなりそうですが
同時に、今の自分にとって必要かも
わからないし、多いだけに
勉強も時間がかかり大変です。

転職者や異動者は、まずは
実践的な内容で必要不可欠のことから
学んだ方がいいと思います。

私は、機械の電気修理の仕事を
していますが、

(プロフィールについては以下をクリックください。
 ⇒エンプロウェルとは)

シーケンス制御とモーターに関する
知見・技術は必須です。

現代は自動で動作する機械が
ほとんどです。

その機械の自動化はシーケンス制御で
行われていることが多いです。

ですので、その機械が電気故障した場合
シーケンス制御についての技術がないと
故障調査・修理が難しくなります。

機械を修理するなら、
シーケンス制御技術は必須です。

モーターについては、
機械の動力にはモーターが
使われます。

動力として、必ず使われる
モーターに関する故障調査や
修理技術がないと、この仕事は
やりずらくなります。

モーターが故障原因なのかどうかが
判断できないし、原因だった場合
修理もできないわけですから。

これら技術の習得は
1年1年実務を通じて
経験⇒勉強⇒経験⇒勉強を
繰り返していくことが最も良いです。

しかし、転職や異動では
余裕ある時間がないなど、
そういった事情ではないことが
多いと思います。

実務者が実際にやっていること、やってきことで
絶対必要な基礎を体系にまとめれたものがあれば
いいと考えました

当方では、機械保全の電気系で資格取得ではなく
短期間で基本をマスターする教材をつくりました

シーケンス制御についてのものと
三相誘導電動機についてです

なぜ、この2つかというと これは まさに必須だからです

現代の機械は電気で自動制御されています
その中で シーケンス制御で自動制御されているものが多く
これが理解できていないと 故障したときに どこが
問題なのか 原因特定が困難です

分かっていれば はずすことなくできます

三相誘導電動機ですが
機械は動作しますが、この動力源には
モーター(電動機)が使われます
モーターは三相誘導電動機以外でも
サーボモーターなど多くありますが
この三相誘導電動機が最も多く使われており
ます

機械動作=モーター=三相誘導電動機 と
いう図式も決してオーバーではありません

製造機械だけではなく
コンプレッサーやポンプなど設備の動力も
三相誘導電動機が使われます

故障した際、シーケンス制御で制御系が悪いのか
最終的な動力となるモーターが悪いのか というう
判断が必要になるわけです

ですので、この2つにしています

それぞれ 専用の紹介ページはありますが
このページでは簡単に説明しておきます

電気系保全に必須 シーケンス制御

電気制御で自動化された
機械の故障修理には
シーケンス制御の技術は必須です。

以下のサイトで詳細に紹介
していますのでご参考ください。

シーケンス制御の基礎力・実技力・現場力が身に付く!
電気系機械保全にも最適な内容とは

機械保全でも知っておきたい三相誘導電動機

三相誘導電動機は電気ですが 機械保全をする
電機屋でも 多少は知っておいた方が
仕事はしやすいかとは思います

以下のサイトで詳細に紹介
していますのでご参考ください。

保全マンの14時間で分かる機械設備モーター部の電気故障対処法とは

まとめ


資格は 本人がどの程度の知識があるか
把握する上で 大事だと思います
それに 合格/不合格があるので 企業も
判断しやすく 取得をすすめられます

が、取得しても 実際の仕事で使わない部分も
おおかったりします
私は独立して仕事をしていますが電気系保全の資格はとってはいません
中身は知っており 無駄ではなく いいと思います
知らないこともありますg
あとは 日々勉強なので 実務の中で分からないことがでてきたら
調べることでおぎなっています

短時間で実際に仕事をしている私がやっていることですので
大いに参考になるでしょう

初心者のための講座へ-以下をクリック!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です