詳しくはコチラをクリック!

インバータとは?基本からおすすめな使い方まで7項で説明

インバータというキーワードはよく聞きますが
色々なところで使われています。
ここでは、インバータがどういったものなのか、
何に、何の目的で使われるのか 
初心者のため基本から解説します。

そして、筆者の仕事では
三相誘導電動機の速度可変のため
意図して使うことが多いので
それを中心とした解説にになります

目次
1.インバータとは
2.インバータはどんな製品に使われるのか
3.インバーターのメーカーと差
4.インバーターのおすすめ使い方
5.インバータをやめた理由
6.他のインバータ
7.まとめ

1.インバータとは

インバータは、直流に変換して
周波数をかえます

2.インバータはどんな製品に使われるのか

照明やモーターで駆動する機械の速度可変で
ファンとかにも使われます

3.インバーターのメーカーと差


写真のような三相モーターに使う標準的な
インバータのメーカーは多種あります

三菱電機、安川電機、東芝など 名の通った
大手家電メーカーは 販売しています

当方は全てのメーカーのインバータを
使ったわけではありませんが 使い方だけが
違うだけで 差はないと感じています

使い方も、細かい差異はマニュアルを
見て確認する必要はありますが
基本的には同じです

マニュアルを見ることが手間なので
使いなれたメーカーのインバータを
使う傾向がでます

4.インバーターのおすすめ使い方

まずは速度を変えたいときですね

あと、モーターは始動時に大きな衝撃が
あります。
そのため、機械部分が摩耗したりします
その衝撃を和らげることができます

ファンとか送風機では速度がかえれるので
便利ですね

電子サーマルもついています

5.インバータをやめた理由

インバータは便利なものですが
故障はします。
その大きさにもよりますが、交換で修理となります

特に速度変更にメリットがない使い方の場合は
可逆電磁開閉器を使った商用電源で駆動させることも
あります

当方では、その改造を行ったこと
インバーターと商用電源切り替えの電気制御盤を
作成したこともあります

6.他のインバータ


昇降用インバータもあります

標準とは違い、ブレーキの開放タイミングや
トルクが発生して解放するなど
昇降ならではの パラメータ設定があります

7.まとめ

インバータはモータの速度を変えれる
便利な電子機器です

昔は、大型で使いにくかったので
モーターの速度をかえたいときは
直流電動機を使っていました

ここ何十年で安く小型になったので
メンテナンスが少ない三相モーターを
インバータで駆動して速度可変することが
一般的になりました

標準的に使う分には難しくないので
マニュアルさえ 読めれば 初心者でも
つかえると思います

初心者のための講座へ-以下をクリック!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です