詳しくはコチラをクリック!

リレーシーケンスのOR回路

有接点シーケンス制御(リレーシーケンス)
OR回路についてシーケンス図を見ながら説明します。

OR回路1

 

 

① これがOR回路です。
赤丸のようにLのランプの電路に電磁リレー
接点が並列にはいっています。

 

 

 

OR回路2

 

②BS1の押ボタンを押すとR1の電磁リレーの
コイルに電気が通じ
R1の電磁リレーが動作します。

そしてLのランプの電路にあるR1の電磁リレーの
a接点が閉じます。
Lのランプに電気が通じ点灯します。

 

 

OR回路3

 

③今後はBS2の押ボタンを押します。
R2の電磁リレーが動作します。

そしてR2のa接点が閉じてLのランプが点灯します。

BS1,BS2どちらの押ボタンを押しても
ランプは点灯します。

 

 

OR回路4

 

 

④BS1,BS2の押ボタン両方を押しても
ランプは点灯します。

 

 

 

複数の接点の中で1つの接点でも閉じると
動作する回路をOR回路いいます。

赤丸のようにa接点を並列に接続して設計します。

ここでは2つのa接点でしたが多くの接点を使う場合もあります。

 

第6回:有接点シーケンス制御の基本回路集

第5回:シーケンス図とは

技術アップのWEBサイト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です