詳しくはコチラをクリック!

第6回:有接点シーケンス制御の基本回路集

シーケンス制御は基本回路と呼ばれる
基本となる回路がいくつかあります。

なぜ、「基本」かというと複雑なシーケンス回路も
それら基本回路を組み合わせて設計されているからです。

ここでは、その基本回路について説明します。

説明に使う電気制御機器は押ボタンと電磁リレー、負荷はランプを使います。

(電磁リレーについては⇒電磁リレーとは何かを3項目で学習する)

その他の電気制御機器や負荷でも回路自体は同じですので
置き換えて考えてみてください。

紹介する基本回路はいくつかありますので
下に回路名とリンクを貼っています。

知りたい回路名をクリックすると、その回路について
説明しているページへと移動します。

基本回路を理解するためには、電気回路図である
シーケンス図(展開接続図)が読み方が
勉強しておく必要があります。

シーケンス図について、分からない場合は
以下のサイトを参照ください。

第5回:シーケンス図とは

基本回路を見るのが初めての初心者の方は
最初から順に見ていくことをお奨めします。

●ON回路

●OFF回路

●AND回路

●OR回路

●NAND回路

●NOR回路

●一致回路

●不一致回路

●自己保持回路

●インターロック回路

●順序回路

●電子タイマーを使った回路

●電動機の始動制御回路

当方では上記で紹介した有接点シーケンス制御と
その故障対応ノウハウなども詰め込んだ学習教材も扱っています。

手前味噌ですが初心者の方には
好評をいただいております。

0からの学習に興味があれば
このブログサイトでも紹介していますが
(⇒初心者のためのシーケンス制御入門)

本サイトでは詳細に紹介していますので
以下のボタンをクリックして
内容を確認をしてみてください。

【シーケンス制御の基礎力・実技力・現場力が身に付く!
電気系機械保全にも最適な内容とは】
詳細へのボタン

 
 

初心者のための講座へ-以下をクリック!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です