詳しくはコチラをクリック!

リレーシーケンスの自己保持回路

有接点シーケンス制御(リレーシーケンス)
自己保持回路についてシーケンス図を見ながら説明します。

自己保持回路

自己保持回路1

 

① この回路はR1の電磁リレーの自己保持回路です。
BS1の押ボタンのa接点と並列にR1の電磁リレーの
a接点が接続されています。

 

 

 

 

自己保持回路2

 

②BS1の押ボタンを押すとR1の電磁リレーのコイルに
電気が通じ接点が動作します。

 

 

 

 

自己保持回路3

 

③ Lのランプの電路にあるR1の電磁リレーの
a接点は閉じます。
そしてLのランプの電路に電気が通じ点灯します。

 

 

 

 

自己保持回路4

 

④ BSの押ボタンのa接点と並列に接続した
Rの電磁リレーのa接点も閉じます。

この接点からも電気が通じます。

 

 

 

自己保持回路5

 

⑤押ボタンを離しても、R1の電磁リレーのa接点から
コイルに電気が通じているのでRの電磁リレーは動作をし続けます。

ですので、ランプも点灯状態を保持します。

 

 

 

自分の接点で動作状態を保持することから この回路を自己保持回路といいます。
自動制御技術であるシーケンス制御において重要な回路です。

では、次に自己保持回路の保持状態を解除する
回路の説明をします。

 

自己保持回路の保持状態を解除する回路

自己保持回路解除1

 

① この回路は自己保持回路で保持された
Rの電磁リレーの
動作を停止できる回路です。

BS2の押ボタンのb接点を
Rの電磁リレーのコイルの電路にいれています。

 

 

自己保持回路解除2

 

②自己保持がかかった状態から動作説明をします。
Rの電磁リレーの自己保持回路でRの電磁リレーは
動作し続けLのランプは点灯しています。

 

 

 

自己保持回路解除3

 

③ BS2の押ボタンを押します。

b接点ですので開きRの電磁リレーのコイルへ
通じている電気を遮断します。

これにより自己保持回路で動作状態を保持していたRの電磁リレーは停止します。

一旦、自己保持が切れたら再びBS1の押ボタンを押さない限り
Rの電磁リレーは動作しません。

 

自己保持回路解除4

 

④Lのランプの電路にあるRの電磁リレーのa接点も
元に戻る(開く)ので ランプは消灯します。

 

 

 

 

この回路では押ボタンのb接点を使いましたが
センサーなど他の電気制御機器のb接点を使うことも多いです。

自己保持回路については、以下のサイトでも
解説していますので参照ください。

自己保持回路とは

第6回:有接点シーケンス制御の基本回路集

第5回:シーケンス図とは

技術アップのWEBサイト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です