詳しくはコチラをクリック!

シーケンサのオフディレイ回路

PLC,シーケンサのオフディレイ回路を
紹介します。

(PLC,シーケンサについては⇒
 PLCとは、シーケンサとは何?が83%解消する初心者サイト)

オフディレイとは、信号が入り切れた後
設定時間が経過後に出力信号がきれる
ます

シーケンサでは内部タイマーがありますが
それはオンディレイタイマーですので
ラダー回路を工夫してオフディレイ回路
を作成する必要があります

(内部タイマーについては⇒内部リレーやタイマーについて)

(ラダー回路については⇒ラダー回路とは)

PLCのオフディレイ回路1①がオフディレイ回路です。

オンディレイのタイマーの設定時間は
8秒だと考えてください。

 

 

 

PLCのオフディレイ回路2②では
X0の入力信号が入ると、Y0の出力リレーの
コイルに電気が通じます。

ですので、出力信号が出ます。

Y0の出力リレーがONしますので
Y0のa接点が導通します。

X0の入力信号が入っている間は
ずっとY0の出力信号は出ている状態です。

 

PLCのオフディレイ回路3③では
X0の入力信号を切ります。

そうすると、自己保持回路になっているので
Y0の出力リレーはONし続けます。

(自己保持回路については⇒自己保持回路とは)

そして、T0のタイマーの電路にある
X0のb接点は導通しますのでT0のタイマーは
ONします。

この時もY0の出力信号は出ている状態です。

PLCのオフディレイ回路4④が
T0のオンディレイのタイマーの設定時間である
8秒が経過した瞬間です。

T0のb接点は非導通となります。

 

 

PLCのオフディレイ回路5⑤は
T0のb接点が非導通となりますので
Y0の出力リレーとT0のタイマーの電路は
遮断されますので、この2つはOFFします。

つまりY0の出力信号は停止したことに
なります。

そして、回路は初期状態に戻ります。

①~⑤を見ると
X0の入力信号が入るとY0の出力信号が
出て、そしてX0の入力信号を切ってから
タイマーの設定時間が経過すると
出力信号が停止しています。

オフディレイタイマーの動作になって
いますね。

シーケンサではオンディレイタイマーしか
ありませんが、回路を工夫することで
オフディレイタイマーをつくることが
できました。

当方では、実習キット付の
シーケンサ入門教材も扱っております。

30題以上の実習課題があり、
パソコンの専用ソフト上で
ラダー図を作成して
実際に動作させて学習していきます。

このサイトで解説した
オフディレイ回路についても
実習できます。

初心者でも自宅で独学できるよう
(学習サポートもあります)
つくっています。

興味がありましたら、以下を
クリックして、内容をご確認ください。

初心者が手頃に手際よくシーケンサ技術を習得する方法とは

初心者のための講座へ-以下をクリック!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です