詳しくはコチラをクリック!

第6回:ラダー図とは

PLC,シーケンサを使ったシーケンス制御
リレーシーケンスとは違い、プログラミングで
回路設計をします。

ラダー図とは、そのプログラムを記述する
一つの方式であり、PLC設計をする
プログラマーから最も使用されている方式です。

ですので、ラダー図の見方、書き方が
分かっていないとPLCの電気設計の世界で
生きていくのは 苦しいといえます。

シーケンサ講座のこの回では
そのラダー図とは何かについて
主に説明していきます。

また、この回で使うラダー図内の
デバイス記号等は三菱電機のラダー図の
書き方で書いています。

他社のPLCを使う方には直接的には
いきませんが、考え方等は同じです。

三菱電機の仕様で説明しますので
ここからはPLCではなくシーケンサと
呼ぶことにします。

ラダー図とは

シーケンサのプログラミングには
以下に示すようにいくつか方式があります。

・ラダー方式
・SFC方式
・フローチャート方式
・ステップラダー方式

この中でも圧倒的に多く使われている方式が
ラダー方式です。
(ちなみに、私もラダー方式で書いています)

一般的にラダー方式とはいわず

「ラダー図を書く」 とか
「ラダー図を見る」 といったように

ラダー図をいう言い方をしています。

シーケンサのプログラミングにおいて
ラダー図が最も使われる理由は
ある人達にとって、見方、書き方を新たに
勉強しなくてもいいからです。

シーケンス図とラダー図の比較この図の左はリレーシーケンスの回路図
であるシーケンス図で右はラダー図です。

もし、シーケンス図について分からない場合は
このブログの別講座で解説していますので
以下をクリックして 読んでください。

第5回:シーケンス図とは

この2つは非常に図の形が似ていますよね。

図が似ているだけではなく
見方(読み方)・書き方も似ています。

このことがシーケンサのプログラミングで
ラダー図が多く使われる理由です。

似ていることで
リレーシーケンス(有接点シーケンス)で
シーケンス回路設計をしていた技術者達は

抵抗なく、特別新たな勉強をすることもなく
ラダー図を見たり、書いたりすることができます。

シーケンサが開発される前は電磁リレー
使うリレーシーケンスでシーケンス設計が
されていました。

シーケンサはリレーシーケンスの欠点を
改善する目的で開発されました。

その際、今までリレーシーケンスで回路図を
書いていた人がすんなり使用できるように
ラダー図が使われました。

ラダー図ならシーケンス図を書く、見る感覚で
仕事ができます。

私もシーケンス図を書く、見ることに慣れて
いましたのでラダー図は特別に勉強しなくても
何となく見ることができました。

ラダー図とはシーケンス図を見る・書く感覚で
習得でき、最も使われる方式ですので
シーケンサを扱うならば ぜひ、覚えてください。

ラダー図の見方、書き方

ラダー図の見方、書き方について
説明しますが、ある程度リレーシーケンス
について理解できていることが
前提での説明になっています。

まだリレーシーケンスについて
まったく分かっていないという方は
このブログではリレーシーケンス
について解説した講座があります。

以下をクリックして、まずは
その講座を学習することをお奨めします。

第3回:シーケンス回路設計の基本とは

第4回:シーケンス制御でよく使う電気制御機器について

シーケンス図とラダー図の比較ラダー図を見るとXとYの英数字が
書かれています。

あれは、このシーケンサ入門の

第5回:シーケンサと外部接続機器をどう関係ずけるか

で説明したシーケンサの入力端子と
出力端子の番号を示します。

ラダー図の接点記号等このラダー図では記号が
4種類書かれています。

a接点は動作していない時は開いている接点、
b接点は動作していない時は閉じている接点
です。

出力リレーのコイルとありますが、
これはリレーシーケンスの
電磁リレーのコイルと同じと考えてください。

電磁リレーはコイルに電気が通じると
電磁石が励磁・動作し接点が動いていました。

それと同じです。

見方はシーケンス図と同じで出力リレーの
コイルと同じ電路にある接点が全て閉じると
出力リレーのコイルに電気が通じて
出力リレーが動作する、という見方をします。

END命令は
ここがプログラムの最後であることを示すために
プログラムの最後に入れる命令です。

ラダー図はプログラムですので
このあたりはシーケンス図とは違いますね。

このラダー図の見方は、シーケンス図の
見方と同じです。

ラダー図の見方例1

例えば、X003のa接点が閉じれば
Y001の出力リレーのコイルに電気が通じて
Y001の出力リレーが動作します。

 

 

 

ラダー図の見方例2

もし、X007のb接点が開いている場合は
X003のa接点が閉じてもY001の出力リレーの
コイルに電気は通じませんので
Y001の出力リレーは動作しません。

 

 

ラダー図の見方例3この場合、X009のa接点が閉じれば
Y001の出力リレーは動作します。

このあたりはシーケンス図の見方と同じです。

そして書き方も同じです。

 

両端の線は母線になります。

そして、コイルは電路の最後に書くあたりも
シーケンス図と同じです。

リレーシーケンスでは
自分で押ボタンや電子タイマーなどに
BS1,BS2・・・、TLR1,TLR2といったように
自由に番号をつけます。

(制御盤内の電気制御機器を見ると
CR1とかPB1とか記号番号が書かれているのを
見ませんか?)

シーケンス図には、どの機器の接点、コイルか
分別できるように、その記号番号を
書いていきます。

ラダー図内ではシーケンサに接続する
外部機器に勝手に番号をつけて
いいわけではありません。

ラダー図上の番号はシーケンサに接続した
端子番号と関係つけられています。

例えばシーケンサのX3の端子に
押ボタンを接続すると、その押ボタンが
ラダー図上ではX003の接点となります。

押ボタンが動作すると、ラダー図上の
接点が開いたり・閉じたりするのです。

X7の端子にリミットスイッチを接続した
とすると、そのリミットスイッチがいくら
動作してもX003の接点は反応しません。

出力リレーも同様です。

Y1の端子に電磁弁を接続したとすると
ラダー図上のY001の出力リレーのコイルに
電気が通じY001の出力リレーが動作することで
外部に接続した電磁弁が動作するのです。

シーケンス図と見方や書き方は似ていますが
ラダー図の場合は、シーケンサを通すので
ちょっと勝手が違いますね。

X001、X007とかのデバイス番号だけでは
何の機器を接続しているのか、ラダー図を
見ただけでわからないので

デバイスコメントを書いたラダー図例この図のように、コメントを書いて
ラダー図を見ただけで分かるようにします。

このコメントがあるだけで、ラダー図が
非常に見やすくなりラダー図を見ただけで
何をしているか推測できることもあるので
非常に大事ですね。

勉強が必要な部分もあります

シーケンサでは、外部に接続した機器だけ
ではなく、内蔵したリレーやタイマーも
制御に使えます。

ですので外部接続していない
接点やコイルもラダー図上ではでてきます。
(内部リレーやタイマーについては
次回の講座で説明しています。)

その他に
シーケンサはコンピューターですので
数値データーを扱えたりと便利な
応用命令が使えます。

数値処理の図
このラダー図は、数値を扱っており
加算と乗算をしています。

 

 

 

マスターコントロールとマスターコントロールリセットこのラダー図はマスターコントロールと
マスターコントロールリセットいう
応用命令を使っています。

このように、リレーシーケンスの
シーケンス図が分かっても新たに学習しないと
読むことができないものも多くあります。

どういった応用命令があるかは
各メーカーのマニュアル等を見れば
書いてあります。

ですので、その点は新たに勉強や調査を
していく必要はあります。

ただ、使い方を覚えれば便利ですので
その価値はあると思います。

第7回:内部リレーやタイマーについて

第5回:シーケンサと外部接続機器をどう関係ずけるかe

技術アップのWEBサイト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です