詳しくはコチラをクリック!

リレーシーケンスの不一致回路

有接点シーケンス制御(リレーシーケンス)
不一致回路についてシーケンス図を見ながら説明します。

不一致回路1

①BS1とBS2の押ボタンを押していないので
R1とR2の電磁リレーは動作しません。

Lのランプの電路にあるR1のa接点とR2のb接点を
直列に接続した電路、
R1のb接点とR2のa接点を直列に接続した電路は
共にa接点が開いた状態なのでLのランプに
電気は通じず点灯しません。

BS1,BS2の押ボタン、R1,R2の電磁リレー共に動作していない時ランプは点灯していません。

 

不一致回路2

②BS1の押ボタンは押しているのでR1の電磁リレーは動作します。

BS2の押ボタンは押していないのでR2の電磁リレーは動作しません。

Lのランプの電路にあるR1のa接点とR2のb接点を
直列に接続した電路は
R1のa接点が閉じR2のb接点は閉じたままなので
Lのランプに電気が通じランプは 点灯します。

 

R1のb接点とR2のa接点を直列に接続した電路は
R2のa接点は開いたままなのでLのランプに電気は通じません。

 

 

不一致回路3

③BS2の押ボタンは押しているのでR2の電磁リレーは動作します。

BS1の押ボタンは押していないのでR1の電磁リレーは動作しません。

Lのランプの電路にあるR2のa接点とR1のb接点を
直列に接続した電路は
R2のa接点が閉じR1のb接点は閉じたままなので
Lのランプに電気が通じランプは 点灯します。

 

R2のb接点とR1のa接点を直列に接続した電路は
R1のa接点は開いたままなのでLのランプに電気は通じません。

BS1,BS2の押ボタン、R1,R2の電磁リレー共に動作が一致していない時
ランプは点灯しました。

 

不一致回路4

 

④BS1とBS2の押ボタンを押しているので
R1とR2の電磁リレーは動作します。

Lのランプの電路にあるR1のa接点とR2のb接点を
直列に接続した電路、
R1のb接点とR2のa接点を直列に接続した電路は
共にb接点が開いた状態になるのでの
ランプに電気は通じず点灯しません。

 

BS1,BS2の押ボタン、R1,R2の電磁リレー共に動作し
動作が一致した時 ランプは点灯していません。

複数の接点(リレー)の動作が不一致した時だけ
動作する回路を不一致回路といいます。

→有接点シーケンス制御(リレーシーケンス)の基本回路集

技術アップのWEBサイト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です