詳しくはコチラをクリック!

ダイデンの溶接機の故障修理

溶接機の溶けた電線

ダイデンの溶接機の故障修理をしました。

故障症状としては入切のスイッチを入にしても 音もせず使えないという内容です。

このスイッチは交流電源を直切りするスイッチです。
テスターで確認すると接触が悪いせいか導通がありません。
ですのでサンドペーパーで接触面をこすり磨くことで導通状態はよくなりました。

しかし、それでも溶接機の電源が入りません。

この溶接機は狭く出し入れしにくい場所に設置してあったので やりたくなかったのですが
外にだして裏側の電源線を確認すると熱で溶断しています。

これが主原因です。

しっかりと 素線を圧着していないことが熱を持つ要因です。
しっかりと 素線を圧着して修理しました。

写真は熱で溶断した部分の電線です

溶接機の溶けた電線

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

技術アップのWEBサイト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です