詳しくはコチラをクリック!

溶接機とコンプレッサーの電源工事

パナソニックのサイリスタ制御CO2溶接機1

溶接機の電源工事を依頼されました。

少し遠い府中の工場まで出張です。

電源工事自体は単純な内容です。

工場の分電盤の中で使っていないブレーカーがあるので、そこから
CO2の溶接機まで電源ケーブルを配線するだけです。

使う電源ケーブルは客先支給だったのですが
14φ×4CのVCTケーブルを準備していました。

ブレーカーから溶接機まで距離が近れればVCTケーブルでもいいと思いますが
遠い場合の配線にはSVの方がいいのですが。。。。

配線しやすいし、またSVの方が値段も安いです。

支給された方は電気工事屋さんではないので
そういったことを知らなかったんでしょうね。

そして、コンプレッサーの電源工事も依頼されていました。

依頼された方は3mケーブルを持ってきてくれればいいといったので
3mSVケーブルを持って行っていました。

ただ、3mだと分電盤からコンプレッサーの距離が配置的に
近くなりすぎてしまいます。

それだとコンプレッサーが邪魔で、
今後電気屋さんが分電盤内の作業をしにくくなってしまいます。

ですので、持ってきた3mのSVケーブルと支給されて余った
14φのVCTケーブルを接続して延長しました。

接続部は、どうしても電気的にも機械的にも弱くなるので、
あまり好ましくはないのですが・・・

反省点として、少し遠くへ出張する時は 余裕をもってケーブルを
もっていこうと思いました。

写真は電源工事したパナソニックの溶接機です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

技術アップのWEBサイト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です