詳しくはコチラをクリック!

間違って溶接電流が流れたアース線の交換修理

熱で外皮が溶けたアース線

大電流が流れてボロボロになった
アース線やそれを接続していた
コンセントプラグ等を交換しました。

なぜ、アース線がボロボロになったのかと
いうと、その電線に溶接電流が誤って
流れたからです。

現地へいくと、依頼してきた方が
何もいわずある機械の制御盤を開けました。

すると電源ケーブルの中のアース線が
ボロボロにむげています。

「どうしたんですか?」

「溶接して****」

全てを聞く前に原因を理解できました。

これはよくやってしまう間違いです。

機械に置いた鉄物を溶接する時に
鉄物に溶接電流を流すアースを取るのを
忘れてしまい、機械に取っている
アース線を通して溶接電流を流してしまったんですね。。。

今回のアース線は2mm2に対して
溶接電流値は高いので許容電流を
遥かに超えてしまいボロボロになったわけです。

今回の機械は違いましたが、
このうっかりミスはよく工作機械でありますね。

工作機械で削っている加工物をついつい
そのまま溶接してしまうんです。

電流が通った経路を全てみて
状態が悪そうなものは全て交換しました。

写真は、熱でボロボロになった
アース線の一部です。

 

技術アップのWEBサイト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です