詳しくはコチラをクリック!

横中ぐり盤 動作停止後に動作しなくなる故障修理

突形押ボタン

工作機械の横中ぐり盤の突発故障対応を
してきました。

故障症状は、横中ぐり盤の動作を一回停止すると
次に動かす操作をしても動かなくなる、
そして、何度もボタンを押すと動作するようになると
いうものです。

私が行った時は、故障状態が再現しないので
はっきりとした原因はわかりませんが
症状から押ボタンの接触不良だと推測できます。

関係するボタンは左右に動作させるボタンが1つずつ
停止のボタンが1つです。

左右のボタンが同時にダメになることは
考えにくいので停止ボタンの可能性が高いです。

停止用のb接点のボタンの接触が悪くなると
動作しない電気回路は一般的に使われるので
ここでも同じ回路を使っているのでしょう。

この停止ボタンはおそらく何十年も交換してない
と思います。

停止ボタンを交換してからは
故障したという連絡はないので
これが原因だったのでしょう。

写真は交換した突形の押しボタンです。

突形押ボタン

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

技術アップのWEBサイト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です