詳しくはコチラをクリック!

三和シャッターの故障修理をしました

シャッターの故障修理をしました。

故障症状はシャッターが上がらないというものです。
なので、閉まったままの状態になっています。

まずは、基本中の基本で上ボタンや停止ボタンを調査。
問題ありません。

次はシャッターの取り付けてあるナイフスイッチの
ヒューズが溶断してないか確認です。

梯子をかけて、シャッターのモーター制御盤等が
設置してあるスペースで確認。

三相電圧がきているし、ヒューズもきれていません。

理論的に関係ある電線の断線等もありません。

そうなると制御盤内の基板があやしくなります。

この基板には実体配線図ですが図面がありましたので
それを見ながら関係しそうな部品を調べると
逆相防止の回路まわりがあやしいです。

(実体配線図は見ずらいですね。。。
シーケンス図だとありがたい。
機械屋さんも見るので仕方ないという
事情もあるかと思いますが。。。)

その回路をパスして動かしてみると
しっかりとシャッターがあがります。

そこが原因、基板が原因ですね。

もしかわりの基板がなければ
外付けで逆相防止リレーをつけることも
できますが、メーカーである三和シャッターに確認すると
基板の新品はあるとのことです。

ですので、そのまま基板を交換して
修理を完成させました。

写真は古い基板と交換した新品の基板です

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

技術アップのWEBサイト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です