詳しくはコチラをクリック!

水中ポンプの電源ケーブルの延長

建設現場で使う水中ポンプの電源ケーブルを延長しました。、

通常、建設現場などで使うキャブタイヤケーブルは3種を使います。

3種のキャブタイヤケーブルにはゴムの中に紙を入れて
強度を上げています。

建設現場など 雑に電気製品を使うところではケーブルも
傷がつきやすいことから、それを保護するためです。

3種のキャブタイヤケーブルは在庫をもってなく
すぐに遠方の建設現場へ持って行きたいと
いうことでしたので在庫している
普通のキャブタイヤケーブルを使うことにしました。

電源ケーブルは 箇所によっては 水中に浸かるので
切って接続する延長ではなく、水中ポンプの
大元から交換した方が本来はいいです。

しかし、一旦水中ポンプは分解すると
パッキンも交換しなくてはいけなくなります。
(そのパッキンも すぐにはありません。)

そして、水中ポンプは分解組立した
その時は中に水が浸入しなくても
時間が経過していくと徐々に水が
浸入してくることもあります。

ですので、今回は延長することにしました。

接続箇所は水に強いエフコテープで
巻きました。

2年以上経過しますが、
とりあえず故障せず使えています。

キャブタイヤケーブルは
1種、2種、3種、4種とありますが
4種は規格はあるけど生産はしてないらしいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

技術アップのWEBサイト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です