詳しくはコチラをクリック!

絶縁不良の小型モーターが原因の漏電故障の復旧

オリエンタルモーターのリバーシブルモーターとギアヘッド

動画講義で学習する!モーターの基本無料講座
詳しくは画像をクリック!


モーターの基本無料講座

食品会社で小型モーターの絶縁不良が原因の故障修理をしました。

故障症状としては、漏電遮断器がおちて工場の電気が全て
止まってしまったとのことです。

現地で調査をしましたが、漏電遮断器はおちず故障は再現しません。

おちた漏電遮断器の2次側の絶縁測定しても
絶縁抵抗は問題なく漏電遮断器がおちないレベルです。

その漏電遮断器は単三用ですので、工場内の単相100Vか単相200V
の電気機器が原因なのは分かりますが
今現在は問題がありません。

もしかすると、漏電遮断器は漏電ではなく
過負荷でおちた可能性もあります。

特に冬はストーブなどの暖房器具を
使うので 過負荷でブレーカーがおちるということは
よくあります。

漏電遮断器は、漏電でおちると
漏電遮断器の凸ボタンが飛び出ます。

工場の漏電遮断器がおちたことを
確認した従業員の方に聞くと
凸ボタンはでていたとのことでした。

それでは過負荷ではなく
漏電が原因で漏電遮断器は
おちたことになります。

今はその電気機器を使ってない
だけかもしれません。

ですので、当時 使っていたと思われる
全ての電気機器や電気機械の
コンセントプラグをさしたり
ブレーカーをいれてもらいました。

すると漏電遮断器が漏電でおちました。

メガテスターで絶縁抵抗を測定すると
絶縁が悪く漏電遮断器はおちるレベルです。

次は、どの電気機械を動かした時に
おちたかを調査していくと
ある機械についている小さな
単相100Vの安全ブレーカーを入れると
漏電遮断器がおちることをつきとめました。

その安全ブレーカーの接続したケーブルをたどると
小型のモーターへつながっています。

小型モーターの電源線をニッパで切り、
小型モーター単独にしてメガテスターで絶縁抵抗を
測定すると抵抗がかなり低いです。

この小型モーターが原因で間違いありません。

小型モーターはオリエンタルモーターのリバーシブルモーターです。
ギアヘッドもつけて減速しています。
オリエンタルモーターは有名であり、今もバリバリで営業しているので
同じメーカーの代替え品で修理することができますね。

調べると今 故障したリバーシブルモーターやギアヘッドと
同じ型名の製品はないので代替え品を注文しました。

多少取付が違いましたが、そこは加工して取り付けました。

写真は故障したオリエンタルモーターのリバーシブルモーターとギアヘッド
そして、新品の代替え品です。
単相なのでコンデンサもついています。

 

オリエンタルモーターのリバーシブルモーターとギアヘッド

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

技術アップのWEBサイト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です