詳しくはコチラをクリック!

サーマルリレーとは何か理解できる7項目とは

三相モーターなどの負荷は、自身の劣化や
使用環境の変化などが原因で過負荷状態
となり過電流が原因で焼損故障することが
あります。

焼損故障すると、機械/設備は使用できなく
なりますし、その三相モーターも修理をしなければ
いけません。

結果、時間と費用を無駄にすることになります。

こういったことを防ぐ目的でサーマルリレーは
使用されます。

このサイトではサーマルリレーについて
以下の目次のように7項目に分けて解説していきます。

*三相モーターについては以下のサイトを
 参照ください。

三相誘導電動機(三相モーター)とは?

 

 

サーマルリレーとは

色々なサーマルリレー

上写真がサーマルリレーです。

サーマルリレー(Thermal Relay)は
熱動継電器とも言われます。

サーマルリレーの役割は、三相モーター
などの負荷を焼損から守る(保護する)ことです。

負荷には三相モーター以外にも
いろいろな負荷がありますが
サーマルリレーでは三相モーターが使われる
のをよく見ます。

ですので、このサイトでは負荷=三相モーター
として書くことにします。

三相モーターには定格電流という、
それ以上電流値を流し続けると焼損故障に
至る電流値が設定されています。

サーマルリレーは、その定格電流が
流れ続けると三相モーターの動作を停止させます。

停止すれば、当然 電流値は0になりますので
焼損することはなくなるわけです。

*三相モーターの焼損について
よくわからない場合は以下のサイトを
参照ください。

モーター基本講座:モーター(三相誘導電動機)の故障対処について

サーマルリレーの使い方

サーマルリレーを使う上でよくある
勘違いが、サーマルリレーと
三相モーターを接続するだけで焼損から
保護できると考えているところです。

ただ接続するだけでは保護はできません。

サーマルリレーにa接点、b接点とあり
その接点を三相モーターを入切する電磁接触器
のコイルへの電路へ入れる必要があります。

*a接点、b接点について分からない場合は
以下のサイトを参照にしてください。

シーケンス回路設計の基本とは

サーマルリレーは三相モーターに過電流が
流れると作動します。

この接点はサーマルリレーが作動することで
動作します。

ですので、b接点を電磁接触器のコイルの
電路へ入れておくことで三相モーターを
停止させることができるわけです。

このあたりのことはシーケンス制御、
シーケンス回路に関する知見が必要に
なってきます。
初心者の場合は以下のサイトを参考に
してください。

→シーケンス制御とは

第1回:シーケンス制御とは

整定電流とは

サーマルリレーの調整ツマミ

この写真のように サーマルリレーには
調整ツマミがあります。

この調整ツマミでサーマルリレーが作動する
電流値を設定します。

写真のサーマルリレーの調整ツマミは
0.55A~0.85Aと印字してあります。

これは、この電流値の範囲内で設定できると
いうことになります。

この電流値の範囲外の電流値を設定したい
場合は別の型名を選定します。

写真のサーマルリレーは
12A~18Aまでを設定できる型になります。

この電流値とサーマルリレーが作動する
関係性は、JIS C 8325では

(1)
整定電流の600%の電流を通じ、2~30秒で
動作すること。
(2)
整定電流を通じ、温度が一定となった後、
整定電流の200%の電流を通じ
4分以内に動作すること
(3)
整定電流を通じても動作せず、温度が一定と
なった後、整定電流の125%の電流を通じて
2時間以内に動作すること。

と定められています。

簡単に調整ツマミで設定した電流値は
サーマルリレーが作動する基準となる
値と考えればいいと思います。

三相モーターの場合は、その定格電流を
設定しています。

動作原理について

電磁リレーは電気で作動しますが
サーマルリレーは熱で作動します。

サーマルリレーとイラスト

このイラストはサーマルリレーの内部を
簡易的に書いたものです。

イラストのA,Bの部分は実物写真のA,Bに
あたります。

A.Bはヒーター線の両端になり、それぞれに
電源と三相モーターを接続します。

 

サーマルリレー内部写真

サーマルリレーは、このイラストのように
ヒーター線を通じて三相モーターへ電流が
流れヒーター線が熱せられ、ヒーター線で巻いた
バイメタルへ伝導しわん曲します。

そのわん曲が一定以上になると、それに連動
して接点が動作する機械的構造になっています。

バイメタルは熱いほど曲がるので
過電流が流れて高熱になったら
接点が動作するというわけです。

これが動作原理になります。

リセットの仕方

サーマルリレーは一旦作動したら、
自動的に元の状態に復帰するタイプと
手動で復帰させるタイプがあります。

手動で復帰させるタイプは
写真のようなリセット棒を押すことで
復帰させることができます。

自動で復帰するタイプは、手が届かない
場所に設置される時に使われることが
多いです。

一般的な制御盤内に設置される
サーマルリレーでは手動復帰させるタイプ
が使われています。

種類

サーマルリレーには、
標準形、速動形、遅動形があります。

この違いは、サーマルリレーが作動する
までの時間です。
速動形は早く遅動形は遅いです。

標準モーターではなく、特殊なモーターが
負荷の場合、標準形では適用できない
(誤動作の原因になる)ため
このような形も準備されています。

あと保護リレーとしては
1Eリレー,2Eリレー,3Eリレーとあり

1Eリレーは過負荷保護
2Eリレーは過負荷保護と欠相保護
3Eリレーは過負荷保護と欠相保護と
逆相保護をします。

ここまで説明したきた保護リレーは
1Eリレーになります。

配線方法について

サーマルリレーの配線をするには
電磁接触器の配線方法も知っておく
必要があります。

以下のサイトで電磁接触器とサーマルリレー
の配線方法をあわせて説明していますので
ご参考ください。

図と写真で解説!電磁接触器、開閉器の配線方法

まとめ

三相モーターの故障原因として
焼損は非常に多いです。

ですので、それを防ぐサーマルリレーは
非常によく使われる電気制御機器です。

機械/設備の電気制御系の世界で仕事を
するなら外せない重要機器です。

ですので、知識だけではなく配線接続も
できるようになってくださいね。

技術アップのWEBサイト



1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です