詳しくはコチラをクリック!

旋盤が全く動作しない電気故障の修理:操作回路を疑う

溶断したヒューズ

旋盤(工作機械)の
突発故障修理をしてきました。

1.故障症状

故障症状は旋盤が
まったく動かないというものです。

分電盤内のこの旋盤用のブレーカーを
入れても電源が入っていることを
示すランプは点灯しません。

(分電盤については
以下のページを参考ください。
分電盤とは)

2.何をしたか

分電盤内のブレーカーが入っていても
機械に電源がしっかり給電されていない
こともあります。

旋盤の制御盤内のブレーカーや
その他の電気制御機器を
テスターで電圧測定したところ、
しっかりと三相200Vの電源電圧はきています。

(制御盤については
以下のページを参考ください。
制御盤とは)

それなのに
まったく動作しないということは
操作回路の故障で、操作回路へ電源が
きていない可能性が高いです。

(操作回路については
以下のページを参考ください。
主回路と操作回路について)

大型の機械は、必ずではないですが
大元の動力(三相)用のブレーカーの他に
操作回路用のブレーカーやヒューズを
つけていることは多いです。

電気回路図を見るのが手間なので
適当に目につくヒューズを確認していくと
案の定とんでいました(切れていました)。

ガラス管ヒューズを交換すると
正常に機械は使えるようになりました。

ガラス管ヒューズが飛んだ原因は、
分かりませんでしたが
再現しないのでそのまま使ってもらうことに
しました。

写真はとんだガラス管ヒューズです。

 

溶断したヒューズ

3.所感

今回は故障状態が再現しないことや
目に見える範囲で異常と思われる箇所が
ないことから、このまま使ってもらいました。

旋盤の電気配線や部品は、
手の届かない/見えない箇所にもあり
それらを全て手当り次第調べると
なると時間・コストがかかります。

にもかかわらず
結果がでるかどうかも分かりません。

経験上 再現しない場合は
このまま使えることの方が多いことと
また故障しても私の会社からこの会社は
近いのですぐに対処できることから
そのようにしました。

お客さんも、
そうして欲しいとのことでした。

お客さん的には、結果が出るかわからないし
使えるものなら すぐにでも
使いたいですからね。

次に同じ故障が起こったら
しっかりと調べ上げます。

この会社は以前から
漏電遮断器に信頼性がないので
交換を依頼されていました。

その漏電遮断器から分岐で
ブレーカーをいくつか取り付けています。

ですので、漏電遮断器を交換すると 
全ての機械が止まってしまいます。

そういったことから交換できる
タイミングがないので 
そのままになっていました。

漏電遮断器が今回の原因ではないかと
疑っていましたが
今回の故障はまったく関係ありません。

お客さんは機械屋さんで専門でないので
仕方はないですね。

初心者のための講座へ-以下をクリック!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です