詳しくはコチラをクリック!

食品会社でPLC(シーケンサ)絡みの故障修理

PLC(シーケンサ)で制御している装置の
突発故障対応をしてきました。

食品会社の装置ですぐに動かさないといけない、
PLC(シーケンサ)が故障しているかもしれない 
代替えになるPLC(シーケンサ)もすぐに準備してもらえないか

とのことです。

三菱電機のPLC、シーケンサですので 私の会社にもいくつか機種は持っていますが
が、とりあえず調査してみないことには 何ともできません。

いそいでいるとのことなので、土曜日でやりかけていた用事がありましたが
すぐに準備して現地へ出発!

現地へ行き説明聞いて

まずはシーケンサの故障なのか、それ以外の機器の故障なのかを
見極める必要があります。

この装置は電気回路図面がないので、しっかりと電気制御を理解すると
なると 1本1本電線を見ていって自分で電気回路図を作成しなくてはいけません。
(これは大変な手間です)

ただ、シーケンサに書き込まれたラダー図には、ありがたいことに
デバイスコメントが書かれています。
これは大変な助けになります。

この装置を操作しているオペレーターの方に話を聞きながら調査を
していきます、

正常ならシーケンサから出力信号が出るはずの番号から出ていません。

モニターモードで調べるとシーケンサの故障ではなく その出力の
制御に問題があるから信号がでてないことがわかります。

更に調べると、この出力を動作させるシリンダのセンサーに問題があることが
わかりました。

正常ならOFFしなければいけない所でもセンサーがONしてしまっています。
おそらく溶着かなにかしているのでしょう。

このセンサーの代替え品は すぐにはありません。
ただ、このセンサーがなくても とりあえずは装置は使えるとのことですので
シーケンサの端子から外して 使うことにしました。

後日、センサーを交換しなければいけませんが
とりあえず問題解決で復旧はできました。

私はこの装置ははじめて見ましたが
オペレーターの方から正しい動作や
センサーなどの検出機器で何を見ているかを聞くことができたので
早く故障調査することができました。
多分現地について1時間もかかってないと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

技術アップのWEBサイト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です